忍者ブログ
Admin*Write*Comment
野崎祐一郎情報ブログ
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 あけましておめでとうございます。本年度も宜しくお願いいたします。

 今年も1月中盤から試合が目白押し!誰が正月返上で頑張っているのかをチェックしていきましょう!

 *1月16日(土)『ダイナミックグローブ』  会場:後楽園ホール

 ウェルター級 6R  

 中村尚平太 VS 加藤壮次郎(現日本ウェルター級2位/協栄)

 中村尚平太選手が復帰戦で、いきなり日本ランカーと対戦をします。
 相手の加藤選手は半年前の日本ウェルター級王座挑戦者決定戦敗退からの復帰戦、尚平太にとっては約6年のブランクがあります。そんなブランクを埋めるため、尚平太は去年最後に伊豆合宿へ向かいました。向こうでは集中し、充実した練習を行えた模様です。
 合宿の中で、いままでフラフラとしていた心と身体に、一本の強い芯を通してきた尚平太。当日はそんな彼に厳しさと暖かさを持って、声援をよろしくお願いします!


 
(試合に勝って、グローブ買おうぜ、尚平太!)


 *1月25日(月)『ダイナマイトボクシング』  会場:後楽園ホール

 58kg 4R

 林崎智嘉志(デビュー) VS 大貫一美(元気/デビュー)

 去年11月にデビュー予定だったチカシ君でしたが、相手が直前でケガをしてしまい試合は中止となってしまいましたが、その日にチャーリー太田選手とのスパーリングを行う機会を経て半デビューしました。
 相手の大貫一美選手(元気)はプロテスト時に4回もストップをして合格した好選手、当日には密かな好選手同士のデビュー戦となると思われます。



(嘉志じゃなく、智嘉志っすよ!)


 70kg 4R

 横田知之 (デビュー)VS 入澤和彰
(ピストン堀口)

 そしてこの日、本来ならば28日にデビューの予定だった横田知之選手がチカシ君と同日の25日に移動してきました。
 先日は伊豆合宿にも途中から合流し、先輩達に揉まれながらも色々な経験をしてきたようです。合宿直前にノロウィルスに感染してしまうも、何とか治して伊豆にやってきた根性、そんなものこそデビュー前の選手には必要なのでしょう。
 当日もそんな根性を見せてくれるでしょう!



(ウィルス撃退、今度はデビュー戦だ!)

 
 *2月5日(金)  会場:横浜文化体育館

 S・ライト級 4R

 野崎祐一郎 VS マイティー新井(大橋)

 野崎祐一郎も復帰します。約4年ぶりのリングで彼は何を見せてくれるでしょうか。結婚を機に一時引退をしていた野崎君。やはり試合感が気になる所、それを取り戻す為、今、ジムでもっとも気合いを入れているのが野崎君です。
 デビュー当時のバランスの良さ、力強さが試合当日までに戻って来れば、素晴らしい内容の試合を披露してくれると思います。


(気合いは入り過ぎなのだけ気をつけてね、野崎君!)


 *2010.2.19(金)  会場:後楽園ホール

 S・フライ級 8R

 山口桂太 VS 殿村雅史(角海老宝石/現日本S・フライ級5位)

 桂太君がA級で初試合でいきなりのメインに登場します!今までに数々の好試合を不当な判定にされてきましたが、そんな敗戦も全てはこの日のため!
 テクは少々、早さは並、しかし、粘り強く、打たれ強い、そして何より、心が屈強!そんな諦めを知らない男が、ようやく迎えたランカー挑戦のこのチャンス!
 当日は燃えるような大激戦を予感して下さい。


(今までの粘りはこの時の為だ、きっと。)


 *3月25日(木) 東洋太平洋OPBF/日本S・ウェルター級タイトルマッチ  会場:後楽園ホール

 S・ウェルター級 12R

 チャーリー太田(同級1位) VS 柴田明雄(チャンピオン/ワタナベ)

 3月25日にはとうとうチャーリーがタイトル戦に挑戦します!
 まぁ、彼のことは今後更にクローズアップしていくので、取り敢えずここでは、試合の日にちだけでも覚えていって下さい!


(王者はとても優しそうな人でした。)
 

 さーて、今年も頑張りましょう!

 *八王子中屋ボクシングジム interview room

 写真【2009年ぐっときたやつ】
PR

(シャッターを占めての極秘練習)

 今日は合宿の方が荒川仁人選手、淵上誠選手、中村尚平太選手、横田知之選手で最後のスパーリング、ジムでは山口 桂太選手、野崎 祐一郎選手、林崎 智嘉志選手という試合の近い選手のみの練習で、こちらもスパーリングをしていた模様です。

 いやぁ、年末年始、年がもうすぐ変わるというのに皆さん、仲良く殴り合っております。

 ジムの方では合宿に行けなかった組が気合いを入れて、相手を変えて、軽めにしかし密度の濃いスパーを繰り返していましたよ。

 一方、合宿の方では、会長がメールで、

 今朝10時から、カツ丼を食べました。

 6時起きだから、結構食べられるもんですね。体重は増えていません。

 淵上なんか、大盛のお代わりしても体重は減っています。やはり重量級は息をしてもエネルギーの消費が違うんですね。

 とのこと、そして最後のスパーに励んでいたようです。

 皆、後一息で今年も終わります、頑張りましょう。


(この先にはカツ丼が!)
 2009年も残す所、後僅かとなりました。


 この一年、ジムの選手から一枚一枚チケットを買って応援して下さった皆様。

 選手をサポートして下さったスポンサーの皆様や、ジムを支援して下さった企業の方々、本当にお世話になりました。有り難うございました。

 皆様にも色々な事があったと思います。八王子中屋ジムも選手達が頑張っておりました。

 ということで、勝手ではあるのですが、個人的に独断で思考した『2009年度 八王子中屋ボクシングジム大賞!』を発表させて頂きたいと思います。どうぞ自分の考えとともにご覧下さい!
 
 なお受賞した選手には、今回の選考人であるジムプロモ(名ばかりだけどね)から(雀の涙、にも見たない程の)金一封もありますよ、楽しみにしないで待っていて下さいね!

 ■■■MVP;チャーリー太田■■■


(今年の君は強かった、来年は更に上に登ってくれ、チャーリー!)
 
 *次点:淵上誠(日本タイトル疑惑の判定敗北、その後の2連続KO勝利)

 3戦中その全てをKOで勝利し、日本タイトル挑戦権獲得マッチ『最強後楽園』ではMVPで優勝したチャーリー太田選手。今年、結果そして内容と、ジム内で一番のものを見せてくれたのが彼ではないでしょうか。
 固かった守りに力強い攻撃が加わり、圧倒的な試合運びを見せたチャーリー。今年はウェイトコントロールにも向上を見せました。チャーリー太田と改名もあり、そのスポンサー凌南運輸の太田社長のサポートも彼のレベルアップに繋がっています。2人が親密になる事で、日本語の上達はボクシング以上だったのでは。
 総合的に見て今年最もジムを盛り上げた選手だったと言える彼、チャーリー太田が2009年度の八王子中屋ジムMVPとなりました。


 ■■■敢闘賞; 野崎 雅光■■■


(1年に渡ってトーナメントで戦い続けたまさ、新人王おめでとう!)

 *次点:丸山 伸雄(ランカー相手に分の良いドロー、その後のジムワーク)

 今年、八王子中屋最後の試合を締めくくり、見事全日本新人王に輝いた野崎 雅光選手が敢闘賞となりました。
 全て新人王戦での試合となり6戦6勝3KOは今年、ジム内で最多。
 キャリア初期の2連敗からの復活、コンディションの厳しかった時期なども、今までの経験、強い心で乗り切りました。その心意気は既に新人王のレベルではなかったと今でも感じる次第です。
 トーナメント故に短いスパンで行われる試合を、結果でしっかりと答えたことが敢闘賞に値するものだったのではないでしょうか。
 日本ランクにも入り、来年は新たなステージに挑むまさ、更なる飛躍が期待されます。


 ■■■技能賞;荒川仁人■■■


(まさか、相手に謝らせるテクニックまで持っていたとは)

 この技能賞に限ってはダントツで荒川仁人選手を押したいと思います。競技の理解度、それを実行に移す力、今のジムにあって仁人は一人、数段上の力を見せています。
 ルックス、ボクシングスタイルとともに地味な仁人ではありますが、その実力は完璧な日本トップクラス。ある意味、彼に近い周りの人間程、そのボクシングの深さに気付いていないのかもしれません。生まれながらの能力に頼る事なく、それを越えてこそ初めて自分自身を確立する。仁人はそういう場所で戦っています。
 ジムの皆には来年も、彼からボクシングの深さを学んで欲しいですね!


 ■■■新鋭賞;林和希■■■


(ボクシングも人としても魅力溢れる林和希、来年は全国に台風どころか暴風の恐れあり!)

 八王子中屋の”暴れん坊将軍”こと林和希選手が今年の(ジム内)新人王となりました。
 今年の初夏にプロデビュー、ただ今2戦2勝(2初回KO)と狂おしい程のパンチ力で密かな注目を後楽園ホールで浴びました。
 自由奔放なキャラクターにしてその実、謙虚な林君、来年には真の新人王を目指しトーナメントに殴り込みをかける彼には大注目です!


 ■■■KO賞;林和希■■■


(相手も倒し、自分も(喜びで)倒れる、倒し屋だぜ林 和希!)

 *チャーリー太田(3戦3KO)

 KO賞に関しては悩んだ末に新鋭賞にもなった林和希を選びました。
 その試合自体に重みのある中で全KO勝利だったチャーリーもいたのですが、林君は全2初回KOともに印象度抜群の倒しっぷり、2試合目などは僅か3発中2発のパンチで共に相手からダウンを奪い、八王子中屋ジム最短KO記録の1R24秒をたたき出すなど、純粋に2試合で4度も人間を倒した力に対し評価しました。


 ■■■MIP(最も成長した選手);淵上誠■■■


(君の左ストレート、あれを成長と呼ばずして何と呼ぶ!来年その成長が結果になるさ!)

 *次点;チャーリー太田の日本語

 年間でもっとも成長した選手に送る賞、MIP(Most Improved Player)は淵上誠選手です。
 4月に行われた日本タイトルマッチでは、有利に試合を最後まで運びながらも無情の2−1判定負け。しかしその後、8月の復帰戦ではダウン経験のない相手を初回に倒し、最終回TKO勝利。続く10月でも2回TKO勝利と、今年の復帰戦前まで10勝中僅か2KOだったのがウソの様なパワーを見せてくれました。
 日本タイトルマッチ、敵地の敗北で彼は自分のボクシングに倒す姿勢を加えることを決意、そしてそれを見事、結果に残したのです。
 10月のTKO勝利後、帰宅時に会長が言っていました、
「何故だか今夜はいつも以上に嬉しいなぁ。」
 それはボクサーが成長して行く、そんな姿を”リングの上”で見れたからなのでしょう。


 ■■■年間最高ラウンド;チャーリー太田VS池田好治(宮田)『最強後楽園決勝』第一ラウンド■■■


(The ライトニング!パワーとタイミングの融合だ!)

 年間最高ラウンドは舞台、内容、結果と全てが完璧だったチャーリー太田選手の対池田好治(宮田)選手戦、『最強後楽園決勝』の第1ラウンドです。
 これしかないでしょう!試合内容もチャーリーというボクサーをよく体現し、僅か1R2分24秒での失神KOとなりました。
 日本タイトル挑戦権にMVPのおまけと更に賞金(!)、KO勝利も5連続、チャーリー太田への改名発表の機会と、この短い試合でチャーリーが獲得したものは多かったのですがチャーリーのは言います、
「楽に見えたかもしれない、が、楽ではなかった。」
 1回2分24秒、その短い時間に彼は、今までのボクシングキャリア、その全てを込めたのです。


 ■■■年間最高試合;淵上誠VS鈴木哲也(進光)『日本ミドル級タイトルマッチ』■■■


(選手は悪くない、そしてやはり淵上君は王者に勝っていたんだ!)

 最後の八王子中屋的、年間最高試合。それは今年4月11日に行われた淵上誠VS鈴木哲也『日本ミドル級タイトルマッチ』です。
 結果は皆さんがご存知の通り、淵上君の判定負けでした。しかし敢えてこの試合を選びたいと思います。
 もしもそこに、明らかに不等の判定があるのなら、それはとことん追求すべきことなのだと思うのです。自分たちにもそんなことがあったから、と持ちつ持たれての姿勢”だけ”では行けないのではないでしょうか。
 そうでなければ戦っている選手達が余りにも可愛そうなのです。勝っていたはずの選手が負け、負けたと思っている選手が勝たされる。どちらにとっても嬉しさなど残りません。
 選手は何も悪くはありません。試合結果が読み上げられた後、鈴木選手はすぐに淵上君に歩み寄りはっきりと言ってくれました「またやりましょう!」その彼の言葉にこの試合の真実があり、淵上君もまた救われたのです。
 しかしその後、鈴木選手”陣営”からは何の連絡もありません。 
 もう何も余計な言葉は入りませんので選手のようなはっきりとした言葉をもらいたい。
 鈴木哲也選手の”陣営”、次の試合、勝って終わったのなら、もう一度やりましょう!
 今年をスッキリと締めくくる為、最後に主張させて頂きました!


 ■■■今年最後のご挨拶■■■

 と、いうことで今年も色々とありました。

 タイトルマッチ(淵上誠)があり、来年のタイトル挑戦権を獲得した人(荒川仁人、チャーリー太田)もあり、新人王に輝いた人(野崎 雅光)もありました。来年は誰かが(出来れば全員で!)ジムに大きなものを勝ちとってくれるでしょう!

 また今年ようやく結果を出せた人(不遇の2連敗後A級昇格、山口 桂太、念願の2勝目をKOで復帰、森 道晴)。復活した人(中村 尚平太野崎 祐一郎)。その一方、機会に中々恵まれなかった人(来年こそは!丸山 伸雄)。そんな彼等は来年、ジムの底力となってくれるでしょう。

 そしてジム内では去る人(芝田もーと、大島耕平、高橋あつし)もあれば、う、動けなかった人(林崎 洋大大川内 天心)も、、、しかし新たな力もありました(林 和希)。
 そしてそれは来年にも続きます(林崎 智嘉志横田知之日下 雄太)。
 
 その他にもジム内には素晴らしいアマチュア選手、練習生が毎日汗を流してくれました。

 ジムスタッフの皆様も有り難うございました。

 今年、積み重ねたもの、それは全て来年の飛躍のため!

 皆さん来年も良いお年を!


(おーし!来年は更にガンバルぞ!)


 *諸国漫遊記

 年齢、戦績が何だっていうんだ! Budapest,Hungary(12/29UP)

 石田順裕VSユーリ・フォアマン、統一戦の可能性は? Brooklyn,NY(12/30UP)

(尚平太共々、来年は復活の時だ。)

 来年の2月5日(金)横浜文化体育館で野崎祐一郎選手が復帰する。

 高校生のころからジムに通い始め、2005年、ジム期待の中で世界戦の前座でデビューした。しかしこの試合では判定での敗北。しかし、3ヶ月後の復帰戦で見事2回TKO勝利を収めた。

 しかしその後、野崎君は結婚を決心することでジムを引退。塗料製造業の職につき、娘も生まれ今では2歳となり、野崎君は家族を持つ父となったていた。

 そんな生活が安定することで、彼はプロとしてジムに復帰することを決意。今年から約5年ぶりにジムワークを再開した。

 今年もう一人復帰を目指すボクサーがいる。来年、日本ランカーに挑む中村尚平太である。

 野崎君はボクシングを始めたきっかけを「中学生の時、中村尚平太さんの試合を見てから、ボクシングのことで頭がいっぱいになったから。」と語る。

 そんな2人が今再びジムに戻り、先日も共にスパーリングをこなしていた。

 それは、昔の彼等を知っている人間にとって、やっと再び見ることができた風景だった。

 彼等は来年、空白の時間を埋めることができるのか、復帰が復活となるか。それを来年、2人のが立つリングの上で見たい。彼等のスパーリング中にそう思うのだった。
 


  *試合予定のページを更新しました。

 1/25 林崎智嘉志、1/29 横田知之(12/10UP)

 
  *諸国漫遊記

 シャーノン・ブリッグス、密かに復帰 Atlantic City,New Jersey(12/10UP)
2010年2月5日(金)

会場:横浜文化体育館携帯の方

S・ライト級 4R

対戦者:マイティー新井(大橋)

皆様の応援を、どうぞよろしくお願いいたします!
  • ABOUT
八王子中屋ジム 野崎祐一郎選手の情報ブログです!
  • カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • 最新コメント
[06/06 荒川]
[04/16 もーと]
[02/06 カズ]
[02/05 もーと]
[01/11 カズ]
  • プロフィール
■管理人:
八王子中屋ジムHP管理人
■掲載した記事・画像・映像を無断で複製・転載・販売することは固くお断り致します。
  • ブログ内検索
  • バーコード
  • アクセス解析
Copyright © 野崎祐一郎情報ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]